仮想通貨の取引所って何?取引所の特徴や買い・売りの方法まとめ

仮想通貨取引所とは
仮想通貨を購入するために、事前準備として必ずやらなければならないこと。それは、「取引所」でアカウント登録を行い、口座を開設することです。これをやらないと、仮想通貨を買うことはできません。

しかし、日本には取引所がいくつかあり、取引所毎に取り扱っている仮想通貨の種類も結構異なります。

ですから、仮想通貨をこれから買ってみたいという初心者の方は、どの取引所が良いのか分からず、迷ってしまうのではないでしょうか。

以前起こった、マウントゴックス事件(取引所での詐欺事件)もあって、余計取引所選びが難しいと感じるかもしれません・・・。

そこで今回は、取引所の概要やアカウント登録の方法から、私がオススメする取引所についての情報まで色々と紹介するので、是非、参考にしてください!

仮想通貨の取引所ってどんなところ?

取引所の特徴
取引所の紹介をしていく前に、仮想通貨の取引所がどういったところなのか?その概要や、取引所で仮想通貨を購入するまでの簡単な手順などを先に見ておきましょう。

仮想通貨の取引所の概要について

仮想通貨の「取引所」とは、仮想通貨を売買したり、保有している仮想通貨を日本円やドルに交換したりする場所です。

「場所」と言っても、実際に店舗が存在するわけではなく、インターネット上に取引所のサイトがあるのです。その点はネット証券会社とよく似ているので、それをイメージすると分かりやすいと思います。

現在日本には、20社ほどの仮想通貨の取引所があり、それぞれの取引所で取り扱っている仮想通貨の種類が違いますし、利用できるサービスなども千差万別です。

海外まで視野を広げれば取引所の数はもっともっと多くなりますが、その分信頼に値しない、運営体制が不十分な取引所も多いので、今回は国内の取引所に限って紹介します。

仮想通貨の取引所と販売所の違いについて

ところで皆さんの中には、取引所と似た言葉で「販売所」という言葉を聞いたことがある方がいると思います。もしくは、販売所と取引所が同じものだと考えている方がいるかもしれません。

しかし、仮想通貨の「取引所」と「販売所」は、似ているようで全然違うので、その違いを見ておきましょう。

取引所→仮想通貨の取引相手は個人で、個人間の注文が一致したら売買が成立する
販売所→仮想通貨の取引相手は販売所で、いつでも自分の出した注文が成立する

上に、仮想通貨の取引所と販売所の違い(特徴)を簡単に示してみました。

取引所は、仮想通貨の取引相手が個人です。そのため、仮想通貨を売る側も買う側も注文を出し、それが一致した段階で初めて売買が成立するという仕組みになっています。

一方、販売所は、仮想通貨の取引相手が販売所(企業そのもの)です。そのため、仮想通貨を売買する際は、自分(個人)の出した注文がそのまま通り、すぐに売買が成立します。

これだと、販売所の方が個人を相手にしない分取引するのがラクなように思えますが、販売所の利用には大きなデメリットがあります。

それは、「スプレッド」があるというものです。では、スプレッドについて、分かりやすく説明しましょう。

販売所では、仮想通貨の価格は販売所が指定した価格として提示されているのですが、その価格は取引所での取引価格と比べ、個人が購入する価格は「より高く」、個人が売却する価格は「より安く」なります。

つまり、販売所を利用すると仮想通貨をより高く買うことになり、より安く売ることになるのです。
このように、販売所で提示されている購入価格と売却価格には大きな差があるため、これをスプレッドと呼ぶのです。

スプレッドは、販売所の利益になっています。販売所では、仮想通貨の仕入れにコストが発生するので、それを賄いかつ利益を出すために、このようなスプレッドが生じているというわけです。

説明が長くなってしまいましたが、販売所は取引所と比べ価格面で圧倒的に個人にとって損失が大きく、一度に大量に仮想通貨を購入or売却する場合以外は、あまり利用をオススメできません。

なので、皆さんは取引所と販売所を間違えたり、面倒だからと言って取引所で購入することができる仮想通貨を販売所で購入したりしないようにしましょう(絶対に販売所を利用するなということではなく、安易な利用はオススメしないということです)。

取引所で仮想通貨を購入するまでの手順について

取引所の手順
ここでは、仮想通貨の取引所を利用して実際に仮想通貨を購入するまでの手順を紹介します。

厳密には、取引所毎にその手順は若干ことなることがありますが、大体一緒なので全体的な流れを把握して頂ければと思います。

①アカウント登録をする(取引所の口座開設を行う)

皆さんがどんな取引所を利用するにしても、まずはその取引所でアカウント登録を済ませなければなりません。

このステップをクリアしなければ自分の口座を開設することができず、永遠に仮想通貨の取引を行うことができません。

ところで、アカウント登録と聞くとなんだか手間がかかってたくさんの書類を提出しなければいけないように思う方も多いですが、仮想通貨の取引所の場合そんなことはなく、手続きはすべてオンライン上で行うことができるのです。なので、とってもラクですよ。

では、その手順を見ていきましょう。

1 まずは、取引所のホームページをクリックしてサイトへ移動してください

すると、「メールアドレス」と「パスワード」を入力するフォームがあるので、その通りに入力します。

ここまでは、とても簡単なので特に迷うことなくできると思います。

2 次に、入力したメールアドレス宛てに、取引所から確認のメールが届きます

このメールが大切で、メールが届いたらそのURL(このメールを認証用メールなどと呼ぶ)をクリックしましょう。

クリックすると、パスワードを入力するパターンやクリックしただけで終わるパターンがありますが、それが終わればアカウント登録が完了します。

3 さて、アカウント登録が完了しましたが、これではまだ不十分です

次にやらなければならないのは、「本人確認」です。

本人確認というのは、口座開設者の確認をするうえで欠かせないステップで、これにより犯罪などのリスクを抑えています。

実は、これまで仮想通貨の取引をする際には、本人確認は必要ありませんでした。

それは、本人確認が必要でなかったという理由からではなく、取引所について仮想通貨についての法整備がきちんとなされていなかったことによるものです。つまり、本当はこうした本人確認は必要なのに、それをやっていなかったのです。

しかし、2017年4月に仮想通貨取引の普及を受けて「仮想通貨法」が施行されたことにより、取引所

に関する法整備がなされ、本人確認が必要になりました。
では、仮想通貨の取引所における本人確認とはどうやって行うのでしょうか。皆さんの中には、免許証や住民票の写しなどを用意して、それを封筒に入れて郵送しなければいけないのでは?と思われる方もいるかもしれませんね。それだと結構面倒くさくて、口座開設のハードルが高いと感じてしまいます。

しかし、取引所の本人確認の場合、そうした手間はかかりません。本人確認には、運転免許証、パスポート、各種健康保険証など取引所によって多少異なりますが、今挙げたようなものが必要になります。

そして、それを写真撮影し、指定の箇所にアップロードするのです!そう、わざわざ書類などを郵送しなくても、スマートフォンで撮影してそのままアップロードしてしまえばよいのです。

ですから、仮想通貨の取引所でのアカウント登録等は、スマートフォンを使うと、一番手っ取り早いと思います。

スマートフォンを所持していない方は、ガラケーで撮影した写真をパソコンに送り、アップロードすれば問題ありません。

それにしても、便利な世の中になりましたね。私が以前、株式取引をするためにネット証券で口座開設を行った際は、書類を郵送しなければならなかったので、実際に取引できるまで結構時間がかったのですが・・・。

取引所の本人確認は、その点がとても便利なのが良いところだと思います。アップロードが終わると取引所側でそれを確認し、認証が下りればOKです。

4 取引所による認証が下りると、登録した住所へ本人確認のためのハガキが郵送されるので、それが届けば、すべての手続きが完了します!

これで、お金を入金することができるので、実際の取引をスタートすることができます。

どうですか?手続きは全てオンライン上で完結するので、面倒なことは何もありませんよ。

②お金(日本円)を入金する

アカウント登録が完了し、本人確認が済んだら、いよいよ仮想通貨を購入することができます。しかし、お金を入金しなければ当然仮想通貨は買えません。

そこで入金の仕方ですが、これは取引所毎に結構違いがあって、一概には話せません。多くの場合、銀行、ネットバンキング、コンビニの中で自由に選択して、取引所の口座にお金を振り込むことになります。

この中で、一番入金が早く反映されるのは(反映=取引所でログイン後に、買い付け金額が入金額分増えること)、ネットバンキングを利用した場合でしょう。

ネットバンキングなら、入金額を指定した直後にそれが反映されるので、今すぐ仮想通貨を購入したいという時に、買い時を逃すことがありません。

逆に銀行振り込みは、入金の反映に時間がかかる場合があるうえ、近くに銀行が無い場合はそれだけで大変なので、ネットバンキングが利用できるなら、そうした方が良いと思います。

入金額については特にルールなどはありませんが、初心者の方で初めて入金するよという方は、あまり大きな金額を入金しない方が良いです。

というのも、最初から買い付け金額が多いと、たくさん仮想通貨を購入してしまいがちになるからです。

すると、そういう時に限って購入した仮想通貨が下落して、いきなり損失を出す・・・。そんなケースは、初心者の方にありがちです(私もそうでした)。

そうなってしまうと、取引を始めた直後にいきなり辛い気持ちになってしまいます。

ですから、最初の内は、あまり大きな金額を入金しないようにして、少しずつ仮想通貨を買ったり売ったりしてその取引スタイルに慣れると良いでしょう。

そして、少ない金額からスタートして、仮想通貨の売買や値動きに慣れてきたなと感じたら、新規に入金すると失敗が少なくなると思います。

入金して仮想通貨を買えるようになったことに気を大きくしすぎて、最初から無理をしないようにしてください。

③チャートの見方・機能の使い方を学ぶ

取引所 チャート
これは、実際に仮想通貨を購入していきながらの話ですが、仮想通貨のチャートなどの機能を使いこなせるようにしていく必要があります。

取引所でログインすると、取り扱っている仮想通貨のチャートなど様々な情報を見ることができ、例えばビットコインのチャートであれば、表示する期間やテクニカル指標など実に様々な要素があります。

はっきり言って、初めてそういった機能を使う場合は、何が何だかわからないでしょう。

株式取引の経験がある方なら、共通の機能も多いのですぐに使いこなせるようになるかもしれませんが、そういう経験のない方には難しいと思います。

ですので、仮想通貨の取引をしていくと同時に、仮想通貨のチャートの見方を学んだり、テクニカル指標を色々表示させてみたりと、そうした機能を使いこなせるようにしていかなければなりません。

そうした機能を使うことができるかできないかで、仮想通貨で利益が出せるか否かが大きく変わってくるのです。

仮想通貨を決済目的で購入したくて、あまり取引には興味のない方は、「自分は関係ない」と思われるかもしれませんが、仮想通貨を購入して価格が下がれば、資産が目減りすることに変わりないので、チャートの機能を使って安いときに仮想通貨を購入するといった工夫は必ず必要になってきます。

テクニカル指標に関しては、サイト上だけでなく、書店で本を購入して、それがどういったものか勉強する必要もあります(本格的に取引したい場合は特に)。

今説明したことは、仮想通貨を購入するまでというより、購入しつつの話ですが、買わずともチャートの見方や機能を勉強することはできるので、どうするかは皆さんの好み次第です。

いずれにせよ、今述べたようなステップを「面倒くさい」と感じる方には、仮想通貨の購入はあまりオススメできません。

確かに上記のようなことは面倒くさいかもしれませんが、自分の資産を減らさない一つの手段だと思って、地道に学んでほしいと思います。

取引所を利用する際の注意点について

ここでは、仮想通貨の取引所を利用する際の注意点を紹介します。

まずは、海外の取引所についてです。取引所には、海外の企業が運営しているものと(Poloniexなど)、国内の企業が運営しているもの(bitFlyerなど)が存在します。

日本で仮想通貨を取引している人の中には、海外の取引所を利用している人もいます。その理由は、日本の取引所と比べ、取り扱っている仮想通貨の種類が圧倒的に多い点です。

確かに、仮想通貨の種類が1000種類近いことを考えると、日本の取引所で買うことのできる仮想通貨の種類は少なく、そのことを物足りないと感じる人もいると思います。

しかし、だからといって海外の取引所を、初心者の方が安易に利用するのはオススメできません。

というのも、海外の取引所では、「日本円で仮想通貨を購入することができない」「出金の手数料が高い」といったデメリットがあるだけでなく、何かトラブルが発生した際のサポートが受けづらい(そもそも英語でやり取りしなければならずハードルが高い)といった点も見逃せません。

それに何よりも、海外の取引所は規制が進んでおらず、以前のマウントゴックス社のように管理体制に問題がある取引所も存在しているのです。

万が一、良く調べずに海外の取引所でアカウント登録をしてトラブルに巻き込まれてしまったら、それは最悪の事態です。恐らく泣き寝入りすることになると思います。

したがって、初心者の方は、まずは、信頼できる日本の有名な取引所を利用しましょう。

仮想通貨取引所毎の出来高について

次に、取引所毎の出来高についてです。いきなり、「出来高」という言葉が出てきましたが、これは仮想通貨の取引量のことです。

例えば、ある取引所でのビットコインの売買が、1日で1,000BTC(BTCはビットコインの単位)成立したら、それが出来高となります。

出来高というのは、仮想通貨がどれだけ取引されているのかを示す数字なのです。仮想通貨の取引所では、同一仮想通貨の価格が取引所毎に異なるのと同様に、取引所毎にこの出来高も異なっています。

さて、皆さんの中には「出来高が異なっていて何か問題ある?」というように思っている方もいるでしょう。

確かに、出来高が異なるだけでは、特に問題はありません。しかし、出来高がとても少ないケースは、時に大きな問題を引き起こすのです。

出来高が少ないというのは、取引所でその仮想通貨を売買する個人が少ないということです。つまり、仮想通貨の買い注文・売り注文ともに出来高が多い取引所と比べ、とても少ないのです。

これだと、普段は注文が若干しにくい程度のことにしかなりませんが、問題なのは仮想通貨に悪影響を与えるようなニュースが飛び込んできたりして、仮想通貨が大きく売られた時です。

この時、普段出来高が少ない取引所では、仮想通貨の流動性が低く、大量の売り注文により一気に価格が下がる恐れがあるのです。

仮想通貨の場合、取引所毎に価格が異なるので、上記のような状況では、出来高が少ない取引所では、出来高の多い取引所と比べ、異常に仮想通貨の価格が下がる=暴落するという事態になりやすいのです。これは、株式取引の世界でもよく見られる光景です。

株式取引の場合、普段出来高が少なく、あまり取引されていない銘柄は、戦争が始まったといったニュースなどにより地合いが悪化した時、参加者の多い銘柄と比べ、大きく下落してしまうことがよくあるのです。

仮想通貨でも、これと全く同じことが起きているのです。せっかくなので、ビットコインの値動きを例に、取引所間での出来高と価格の関係性を見てみましょう。

比べるのは、ビットコインの出来高が日本で一番多い取引所である「bitFlyer」と、出来高がそこまで多くはない取引所である「Coincheck」です。

おおよその話ですが、両取引所間には、ビットコインの出来高に5倍ほどの差があります。

皆さんもご存知かと思いますが、2017年も終わりに近づくにつれ、ビットコインの価格は、急上昇しています。11月に入ってから100万円を超え、そしてその勢いのままに11月29日に約130万円まで到達しました(詳細はコチラ)。

問題はここからです。この時、上昇があまりに急だったため、翌日の早朝に大きな売りが出て、ビットコインの価格は急上昇からの急落となりました。それは恐ろしい下落の仕方で、bitFlyerでは約103万円まで下落したのです。

一方、Coincheckでは、同じ時間に約80万円まで下落しました。2つの取引所での価格差、なんと20万円超です。これが、出来高の差によって発生する価格差なのです。

今回の、Coincheckにおける80万円というのは、他の取引所と比べても異常な下落で(「Zaif」では約100万円でした)、出来高だけが原因ではないかもしれませんが、それでもbitFlyerよりも出来高が少ない取引所では、より大きな下落になっていました。

このように、取引所での出来高によって仮想通貨が大きく下落することが実際にあるのです。

したがって、皆さんはあまりメジャーでない取引所(出来高が少ない)を選ばずに、取引が多く参加者がたくさんいる取引所を選びましょう(これが言いたかったのですが、前置きが長くなってしまいました)。

そして、複数の取引所で口座を開設する場合は、同じ仮想通貨の取り扱いがあるなら、より大きな出来高がある取引所で購入すると良いでしょう(ビットコインならbitFlyerで購入すると良い)。

そうすることで、損をするリスクを少しでも減らすことができますよ!

オススメの取引所は?

さて、ここからは、いよいよ私がオススメする仮想通貨の取引所を紹介していこうと思います。

今回紹介する取引所は、全部で3か所あります。3か所だけ?と思われる方もいるかもしれませんが、それぞれの取引所に特色があって、3か所だけでもたくさん注目すべき点があるので、内容盛りだくさんですよ。

取引所については、それぞれポイント毎に説明していきます。では、早速見ていきましょう!

オススメ取引所①「bitFlyer」

ビットフライヤー

1つ目に紹介する取引所は、bitFlyerです。bitFlyerは、正式名称を「株式会社bitFlyer」と言い、2014年1月に設立されました。

2014年というと、ビットコインが徐々に知名度を高めつつある時で、bitFlyerはビットコイン取引をサービスの中心に据えてきました。

そんなbitFlyerですが、金融庁により仮想通貨交換業者に登録されており、国から仮想通貨の取引所として認可されているので安心です。

オススメポイントその1 大手企業から出資を受けていて信頼度が高い

bitFlyerは、多数の大手企業から出資を受けています。そうした企業の中には、

「みずほフィナンシャルグループ」「リクルート」「SBIインベストメント」「三菱UFJキャピタル株式会社」「三井住友海上キャピタル株式会社」

など、金融系として有名な企業が数多く含まれています。こうした企業が、bitFlyerの仮想通貨の取引所事業を高く評価し、多額の資金を出資する形になっているのです。

そうした資金提供もあり、bitFlyerの資本金は41億円を超えていて、非常に資金的に安定しています。これが、bitFlyerの大きな特徴であり、オススメポイントなのです。

バックに大手企業がついていることにより、bitFlyerの経営が安定しているため、以前起こったマウントゴックス事件のような詐欺事件によって、利用者がトラブルに巻き込まれる可能性も極めて低いのです。
つまりbitFlyerは、とても信頼度の高い、安心して誰もが利用することのできる取引所なのです。

仮想通貨の世界はまだまだ法整備が不十分ですから、取引所を選ぶ際にはその取引所が信頼できるか否かは非常に重要です。

その点、資本金を十分に確保できているbitFlyerは、とても信頼度が高く、優れた取引所であると言えるでしょう。

オススメポイントその2 ビットコイン取引量(出来高)が3年連続第1位

bitFlyerと言えば、やはりビットコインの取引が盛んに行われている取引所であるということがその特徴でしょう。

bitFlyerでは、2014年の設立以来、ビットコインの取引量(出来高のことです)が3年連続第1位なのです。

その取引量を担っているbitFlyerのユーザー数(参加者)は60万人を超え、他の取引所を圧倒しています。これだけ多くのユーザーがいるのですから、それだけでも安心してビットコインの取引ができると思います。

試しに、2017年11月のビットコインにおける取引所毎の取引量を見てみると、取引所全体が約1200万BTC(BTCはビットコインの単位)であるのに対し、bitFlyerの取引量は、約810万BTCとなっているのです。

これはつまり、ビットコイン全体の取引量のうち、約70%をbitFlyerでの取引が占めているということになります。

その次に取引量が多いのはCoincheckですが、その取引量は約250万BTCで、bitFlyerの取引量の3分の1程度に過ぎません。

bitFlyerが、いかにビットコインの取引量が多いか、皆さんもお分かりいただけたと思います。

さて、ビットコインの取引量が多いということは、参加者が多い分値動きが細かくなり、取引がスムーズに進みやすいだけでなく、出来高が少ない取引所で起こりやすい急落のリスクも小さいです。

ビットコインの取引なら、bitFlyerを利用するのが一番ですね!

オススメポイントその3 不正な日本円出金に対する損害補償がある

bitFlyerには、第三者によるメールアドレス・パスワード等の盗取(盗み取ること)によって利用者の日本円が不正出金された際に、損害補償を行っています。

これは、bitFlyerが「三井住友海上火災保険株式会社」と提携したことで作られたサービスで、条件次第で損害を受けた際の補償を受けることができるのです。

その条件というのは、bitFlyerのホームページに記載されていて、「アカウントクラスがトレードクラスであり、かつ、ログイン時および日本円出金時に二段階認証を実施している利用者」となっています。

今回は、この条件の詳しい説明は省かせていただきますが、別に面倒くさい手続きなどがあるわけではないので、利用者がこの条件に合致するのは難しくありません。

また、上記以外に最新のセキュリティ対策ソフトを利用していることも条件になっています。

このような条件を満たした利用者には、預かり資産の合計額が日本円で100万円以上の場合に最大500万円まで、100万円未満の場合に最大10万円までが、損害補償としてbitFlyerから支払われる決まりになっています。

メールアドレスやパスワードの盗取により、日本円が不正出金されるリスクはあまり大きいとは言えませんが、こうしたサービスがあるのは有難いことなので、保証を受ける条件を満たすようにしておくと万が一の時に役に立つでしょう。

bitFlyerは、大手企業から出資を受けている信頼できる取引所です。主にビットコインの取引をしたいという方は、bitFlyerでの口座開設をオススメします!

オススメ取引所②「Coincheck」

コインチェック

2つ目に紹介する取引所は、Coincheckです。Coincheckは、正式名称を「コインチェック株式会社」と言い、2012年8月に設立されました。

Coincheckの企業規模は、bitFlyerと比較するとかなり小さく、資本金も1億円程度しかありません(ここは少し不安です)。

しかしその一方で、斬新なサービスを提供していたり、アルトコインの取り扱いが豊富だったりと、魅力あふれる取引所となっているのです。

オススメポイントその1 とにかく取り扱っているアルトコインの種類が豊富(販売所)

皆さんの中にも、Coincheckについて様々なアルトコインを購入することができる取引所だということをご存知の方がいるのではないでしょうか(アルトコインというのは、ビットコイン以外の全ての仮想通貨のことです)。

日本の取引所では、ビットコインを取り扱っている取引所はいくらでもある反面、たくさんの種類のアルトコインを取り扱う取引所が無いのが現状です。

海外の取引所なら、色々なアルトコインを購入することができるのですが、初心者の方には何かと不便が多くオススメできません。

しかしCoincheckは、日本の取引所の中でもアルトコインの取り扱い数が第1位なのです。取り扱っているアルトコインの数はなんと12種類!凄いですね。

では、どんなアルトコインを取り扱っているか見てみましょう。

1.イーサリアム 2. イーサリアムクラシック 3.リスク 4.ファクトム 5.モネロ  6.オーガー 7.リップル 8.ジーキャッシュ 9.ネム 10.ライトコイン 11.ダッシュ 12.ビットコインキャッシュ

以上が、Coincheckで取り扱っているアルトコインの一覧となります。たくさんありますね~。

この12種類のアルトコインを全て詳細に知っているという方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

イーサリアムやリップルは有名ですが、ファクトムやオーガーなど、なかなか名前を聞かないアルトコインもあって、とても面白いですね。

これらの仮想通貨は当然、日本国内の他の取引所では取り扱っていないので、アルトコインをメインに購入したいという方はCoincheckでの口座開設が必須だと言えます。

ただ一つ注意したいのは、これらのアルトコインは取引所ではなく「販売所」での購入になるということです。

先ほど、仮想通貨の取引所と販売所の違いという項目でもお伝えしましたが、販売所は取引所と比べ、購入価格が割高になってしまいます。

それは、販売所が仮想通貨を仕入れ、常に顧客からのオーダーに応えられるように準備をしており、そうしたコストが販売所で上乗せされた形で価格に反映されているからです。

Coincheckで取り扱っているアルトコインの多くは、それを取引所で売買ができる国内の取引所がないので、残念ながら販売所で購入せざるを得ません。

そこで、販売所で少しでも安くアルトコインを購入するコツを簡単に紹介しておきましょう。

重要なのは、なるべく値動きが小さいときにお目当てのアルトコインを購入することです。

販売所では、値動きが大きく乱高下しているようなときに(例えば、ものすごい上昇から急落を引き起こし、また大きく上昇するような値動きが激しい局面)、アルトコインの販売価格が高くなりやすいです。

なので、こういう時は取引所と販売所での価格差が大きくなるので、購入は控えると良いでしょう。

逆に値動きが小さく、価格が小康状態の時は、あまり価格差が大きくならないので、幾分かお得にアルトコインを購入することができるはずです(絶対でありませんが)。

あと、販売所を利用する際は、一度購入したら短期での売買は避け、ある程度利が乗ってから売却する方がお得です(購入する度に価格が割高ですから)。

Coincheckでアルトコインを購入する際は、こうしたことを念頭に置いて売買するとよいでしょう。

オススメポイントその2 仮想通貨取引での損害補償がある

Coincheckは、「東京海上日動火災保険株式会社」と手を組み、仮想通貨取引における損害補償サービスを行っています。

このサービスは、先ほどbitFlyerの項目でお伝えしたものと似ているのですが、Coincheckの方がより保証を受けられる範囲が広いという特徴があります。

では、先ほどと同様、損害補償を受けることのできる条件から見ていきましょう。

条件は、「二段階認証」を設定しているユーザーであるということです。とてもシンプルで、手続き等も不要です。

次に、損害補償の内容についてです。Coincheckでは、パスワード等の流出による不正ログインによって、ユーザーの日本円が不正に出金されたり、保有する仮想通貨を不正に送金されたりした場合に、損害補償を受けることができるほか、ビットコイン支払い加盟店での送金トラブルの際も同じく補償を受けることができます。その補償額は、1回につき最大100万円となっています。

このように、Coincheckの損害補償は、bitFlyerより充実していて、さらに安心のできるサービスとなっているのです。

特に、不正ログインによる仮想通貨の不正な送金は、発生するリスクが十分にあるため、とても有難いサービスだと言えるでしょう。

とはいえ、不正ログイン対策は、セキュリティ対策ソフトの導入など、私たち個人にもできることがあるので、Coincheckに損害補償サービスがあるからといって慢心せず、しっかりと資産を守る意識を持つことが大切ですよ。

オススメポイントその3 12種類の仮想通貨を直接日本円で購入できる

Coincheckでは、ビットコインを除く12種類の仮想通貨すべてが、日本円で購入可能です。これ、実は凄いことなんですよ。

通常、アルトコインを購入する際には、一度ビットコインを購入して、そのビットコインをアルトコインと交換する形で購入するのです。

そう、アルトコインは日本円では買うことができないのです。ですが、Coincheckでは、アルトコインを日本円で直接購入することができるのです。この差は、非常に大きいです。

というのも、ビットコインは皆さんもご存知の通り、非常に値動きの激しい仮想通貨ですから、保有している間に価格が変化し、それにより同じ1BTCでも、タイミング次第で価値の増減が起こるのです。

それにより、本来1BTCで20ETH(ETHはイーサリアムの単位)交換できたはずが、18ETH分にしかならなかったというような事態になり得るのです(上記のはあくまで一例です)。

これでは、アルトコインを購入する際に、いちいちビットコインの価格をチェックしなければならず、ビットコインと買いたいアルトコインの2つに気を配らなければならないので、大変ですよね。

そう考えると、Coincheckの12種類の仮想通貨を直接日本円で購入できるというシステムは、とても便利で優秀なのです。

また、オススメポイントとは直接関係ありませんが、Coincheckなら他のユーザーからの送金も、アルトコインで受け取ることが可能です(12種類全部が可能ではありません)。

Coincheckは、アルトコインに関してメリットが大きいのです。

オススメポイントその4 「Coincheckでんき」という斬新なサービスがある

Coincheckでは、「Coincheckでんき」という、一風変わったサービスを行っています。一見何のサービスなのか全然分かりませんが、実はとてもお得なサービスなのです。

では、その内容を見ていきましょう。

「Coincheckでんき」は、電気料金を通常通り支払って、支払額の1%~7%をビットコインで還元する、「ビットコイン付与プラン」か、電気料金の支払いを、1%~7%安くしたうえでビットコインを使って支払う「ビットコイン決済プラン」の2通りがあり、自分が好きな方を選ぶことができます。

どちらの場合も、申し込む際は申込フォームから簡単に行うことができるだけでなく、現時点での電力会社との間に結んでいる契約解除などは、Coincheckが代行してくれるので、面倒な解約手続きなども一切不要なのです。

このサービス、利用することができるエリアとそうでないエリアがあるのですが、利用すれば電気料金の支払いがお得になるので、興味のある方は是非申し込んでみてはいかがでしょうか。

このサービスを見ると、私たちの生活に仮想通貨が浸透しつつあるんだなということが実感できますね。

このように、Coincheckは、アルトコインの取り扱いに魅力があり、損害補償などもしっかりしている取引所なのです!

オススメ取引所③「Zaif」

ザイフ
3つ目に紹介する取引所は、Zaifです。Zaifは、「テックビューロ株式会社」が運営する取引所で、2015年3月に設立されました。

皆さんの中には、「ホリエモン」が応援していることで、Zaifを知っているという方もいるかもしれません。Zaifも、bitFlyer同様、仮想通貨交換業者に登録されていて安心です。

そんなZaifですが、他の取引所にはない斬新な取り組みをしているんです。今回は、そうした点も含めて紹介していこうと思います。

オススメポイントその1 取引所で扱うアルトコインの種類が豊富である

Zaifでは、5種類の仮想通貨を取り扱っています。では、その詳細を見てみましょう。

1.ビットコイン 2.ビットコインキャッシュ 3.ネム 4.モナコイン 5.イーサリアム

以上が、Zaifで取り扱っている仮想通貨です。

ビットコイン以外のアルトコインに注目すると、「モナコイン」を取り扱っていますね。モナコインは、国産の仮想通貨として人気があり、ちょうど私がこの記事を執筆している期間に大きく上昇をして、海外からも注目が集まっているようです。

せっかくなので、モナコインの値動きを確認しておきましょう。モナコインは、2017年11月に入った直後は、1MONA(MONAはモナコインの単位)=300円前後でした。

実は、1か月前の10月にモナコインの価格は急騰して、1MONA=600円を超えていたので、それに対する日柄調整(日にちを掛けて価格横ばいで調整すること)が起こっていたのです。

その後、11月20日前後になると再び動意付き、11月の終わりには、1MONA=約800円となりました。この時点でモナコインの価格は最高値を更新していて過熱気味だったのですが、そこからが凄かったんです。

今日は12月7日ですが、今現在モナコインの価格は、なんと1MONA=約2100円です!12月4日から7日までの3日間で、1000円を軽く超える上昇となりました。

こんな短期で2倍以上になってしまうなんて、一番驚いているのは間違いなくモナコインを保有している人でしょうね(羨ましい限りです)。

Zaifは、そんなモナコインを買うことのできる数少ない取引所なのです。実は、bitFlyerでもモナコインの取り扱いがスタートしたのですが、Zaifの方が早くからモナコインの取り扱いを導入しているので、Zaifの先見性には、驚かされます。

モナコイン以外のアルトコインに目を向けてみると、ビットコインキャッシュ・ネム・イーサリアムを取り扱っていて、こちらはCoincheckと同様ですね。

しかし最も重要なのは、取り扱っているアルトコインの種類ではありません。肝心なのは、Zaifがこれらのアルトコインを「取引所」で扱っていることです。

先ほどお伝えしたのですが、Coincheckではアルトコインの取り扱いが多い一方で、それらはすべて「販売所」での取り扱いになっているのです。

つまり、ZaifとCoincheckで取り扱いがダブっている、ビットコインキャッシュ・ネム・イーサリアムは、Zaifで購入した方がお得なのです。

そう、同じタイミングでもより安く買うことができるのです。これが、Zaifの大きなメリットとなっています。

ですから、アルトコインを購入する場合は、Zaifで取り扱っているコインはZaifで、そうでないコインは、Coincheckで購入すると、賢い買い方ができますよ。

ところでZaifは、「トークン」も9種類取り扱っていて、これだけ豊富な種類があるのは、Zaifだけです。その中には、ZaifトークンなどZaifでしか購入することができないトークンもあります。

トークンというのは、ビットコインのブロックチェーンという技術を利用して発行したコインのようなもので、しっかりとした定義はないんです。

トークンを例えるなら、株式に近いものがあって、トークンを発行した企業の価値が上昇すると、トークンの価格も上昇するといった特徴があります。まあ、仮想通貨と株式を合わせたような存在というところでしょうか。

Zaifでは、トークンも仮想通貨同様に購入することができるので、トークンも含めれば多数の仮想通貨を取り扱っていることになるのです。

取り扱っている仮想通貨やトークンに関する情報や値動きは、Zaifで口座開設していなくても簡単にZaifのサイトから見ることができるので、興味のある方は、チェックしてみてください。

オススメポイントその2 一部の手数料が驚きのマイナス

Zaifは、基本的に手数料が安いのが特徴です。仮想通貨の現物取引では、ほとんどの場合0.1%となっていて、10万円分の取引をすると、100円しか手数料がかかりません。

これだけでも十分有難いことなのですが、ビットコインの取引に関しては、本人確認がすべて完了しているユーザーであれば、なんと手数料がマイナスとなるのです。

皆さんは今、「手数料がマイナスってどういうこと?」と思われたのではないでしょうか。この感じって、マイナス金利の話と似ていますよね。

普通、お金を借りるときは利子を払わなければなりませんが、金利がマイナスならお金を借りるときに返済額が金利分だけ減ります。これは、何とも不思議な話ですが、手数料がマイナスなのも似たような状況です。

普通、金融商品を売買する際には、約定金額などに基づいて手数料がかかります。その手数料は、取引所を運営する企業の大きな収入源の一つとなっていて、本来とても重要なものなのです。

しかしZaifでは、ビットコインの現物取引(自分が口座に入れた資金のみでの取引)に限っては、この手数料がmaker手数料(板に注文を並べる際の手数料)=-0.05%となり、taker手数料(並んだ注文を消費する際の手数料)=-0.01%と決められています。

マイナスの幅などは時々変化しているようですが、12月6日現在はこのような手数料設定になっています。

正直、maker手数料・taker手数料は、ちゃんと説明しようとすると少しややこしいのですが、ここではあまり深く考えなくて大丈夫です。

それよりも、ビットコインの現物取引で本来発生する手数料がそのまま利益になるという点に注目しましょう。

手数料がマイナスであるという点にしっくりこない方もいるかもしれないので、例を挙げると100万円分のビットコインを購入した場合は、100万円×(-0.01%)=100円がZaifから支払われます。

私も、このシステムを初めて知った時はビックリしました。手数料がマイナスであることによって、Zaifから支払われる金額はたいしたことがないかもしれませんが、本来払わなければならない手数料がゼロになるだけでも凄いのに、支払ってもらうことができるなんて信じられません。

オススメポイントその3 1日1回のログインボーナスがある

Zaifには1日1回、口座に預けられたビットコイン残高が一定額より多い場合、口座のユーザーがログインボーナスを受け取ることができるというサービスを行っています。

マイナス手数料だけにとどまらずこんなこともやっているなんて、Zaifには本当に驚かされます。

ログインボーナスを受け取るための条件というのは、2つあります。それぞれ見ていきましょう。

1つ目は、ログインする前日までにビットコインの残高が最低3BTCあることです。

この条件、意外と厳しくて、1BTC=120万円を超えている現在の状況下では、3BTC=360万円超を保有している必要があります。初心者の方には、ちょっと額が大きすぎますね。

去年の今頃は、1BTC=10万円ほどだったので、ビットコインが急に値上がりしすぎたことが条件クリアを困難にしてしまったのです。もしかすると、Zaifの方でこの条件の緩和があるかもしれません。

2つ目は、過去3ヵ月分の取引高の累計が100,000円以上あるorコイン積立に加入済みというものです。

これは、いずれかを満たしていればOKで、こちらは条件のクリアは難しくないと思います。「コイン積立」に関しては後で説明するので、そちらも参考にしてください。

ログインボーナスを受け取るための条件説明が長くなってしまいましたが、ボーナスとして受け取ることができる金額の説明をしていませんでしたね。

ボーナスの金額は、ビットコイン残高の0.01%です。こちらもマイナス手数料同様、大きな金額にはなりませんが、もらえるだけ有難いと思います。

なお、ログインボーナスは1日あたり100円までとなっているので、全資産をビットコインにしてもたくさんボーナスを受け取ることはできません(Zaifが破綻してしまうので)。

それでも、毎日100円のログインボーナスを受け取り続ければ1年で36500円ですから、条件を満たして受け取る価値はあると思いますよ。

オススメポイントその4 コイン積立ができる

Zaifでは、他の取引所には珍しい仮想通貨の積立をすることができます。積立というのは、よく株式や投資信託の世界で行われている投資法です。

では、コイン積立の仕組みを簡単に説明しておきましょう。コイン積立の申し込みを行うと、契約者の銀行口座から毎月一定額(金額は、5段階から指定可能)が自動で引き落とされ、そのお金で毎月指定の仮想通貨を購入します。この積立の特徴は、毎月一定額を購入することです。

これは、「ドル・コスト平均法」という手法を利用したもので、一定金額分購入することにより、仮想通貨の価格が高いときは少ない数量を、仮想通貨の価格が安いときは、多い数量を購入することができるのです。

つまり、価格が高い時にたくさん買ってリスクが高まる(高値掴み)ことを自動的に抑え、安いときにたくさん買って、平均取得単価を下げて利益を出しやすくするというシステムです。これは、ローリスクの投資法で、とても良いものです。

コイン積立に向いているのは、「仮想通貨に興味があるけど、買うタイミングが分からない」といった初心者の方で、自分で売買する自信が無い方には、オススメの投資法です。

もちろん、腕に自信のある方やどんどん仮想通貨の取引をして経験を積みたいという方は、無理に申し込む必要はありませんよ。

留意点 サーバーが不安定

オススメポイント満載のZaifですが、どうしてもお伝えしておきたいことがあります。それは、「サーバーが不安定」ということです。

Zaifは、とてもサービスに魅力がある取引所なのですが、その一方でハード面の不安定性が目立っています。

中でも、サーバーが不安定であることは無視できない問題で、取引が過熱するような相場では、度々口座にアクセスできなかったり、注文がうまく通らなかったりというトラブルが起きています。

もちろん、Zaif側もこうした問題を把握し、サーバーの増強といった対策を取っているはずですが、今のところ大きな改善は見られません。

上記のような状況ですから、皆さんがZaifを利用したいのであれば、他の取引所とセットで口座を開設することをオススメします。それなら、Zaifでトラブルが起きても、他の取引所で取引をすれば、おおよそ問題ありません。

後は、Zaifでいつトラブルが発生しても対処できるように、あまり無理な取引をしないようにするなど、日々リスクを考慮に入れた資産管理をしていくことが重要です。

Zaifは、サーバーの問題さえ解決できればさらに魅力的な取引所になるので、企業側の努力に期待したいところですし、そうした問題を念頭に置いて頂ければ、Zaifで口座を開設することはメリットの方が大きいと思いますよ。

取引所は複数利用するのがオススメ

今回は「bitFlyer」・「Coincheck」・「Zaif」という、日本でも非常に知名度がある代表的な取引所を紹介してきました。

皆さんは3か所の取引所に対し、どのような感想を持ったでしょうか。多くの方は、「どの取引所にもメリットがあるんだな」という風に思ったはずです。

例えばbitFlyerは、多くの大企業から出資を受けている信頼度の高い、ビットコイン取引に強みがあります。

一方、CoincheckやZaifはアルトコインの取り扱いが豊富で、bitFlyerにはない独特なサービスを提供しています。

このように、今回紹介した3か所の取引所に関しては、どの取引所にも利用する価値が十分にあり、「この取引所が最も優れている」というように決めつけることは適切ではありません。

そこで私がオススメするのが、今回紹介した3か所の取引所のうち複数、できれば全てで口座開設を行い、いつでも取引所を利用することができるように準備しておくことです。

そうすれば、それぞれの取引所のメリットを利用しながら、より有利な状況で仮想通貨の取引などをしていくことができるのです。

例えば、ビットコインを買いたいときはbitFlyerを利用し、モナコインを買いたいときはZaifを利用する。そんな感じで、取引所を使い分けてみてはいかがでしょうか。

また、複数の取引所で口座開設をしておけば、Zaifの項目で説明したようなサーバーのトラブルが発生し、取引ができなくなっても、正常に作動している別の取引所を利用すれば、大きな問題にはなりません。取引所を複数利用することは、リスク回避にもなるのです。

皆さんの中には、「複数の取引所を同時に扱うなんて、口座開設も面倒だし、なんだか混乱しそう」と思われる方もいるかもしれませんが、先ほどお伝えしたように、取引所での口座開設はとても簡単ですし、複数の取引所での操作なども、慣れてしまえば何も気にならなくなるはずです。

株式取引をやっている人は、ほとんどの人が複数のネット証券で口座開設しているので(理由は同じです)、その方が普通だと思います。

さらに、取引所間でビットコインの送金ができるというのも複数の取引所を利用する価値を高めています。

例えば、ZaifからCoincheckへビットコインを送金するには、送金手数料さえ支払えば簡単な操作で送金が可能です。

ビットコインの送金が資産へ反映されるのに多少時間がかかる場合もありますが、ネット証券の世界ではこうしたことは絶対にできないので、取引所間の資産移動はとても便利で凄いことなのです。

これを利用すれば、Coincheckで今すぐ買いたいアルトコインがあるといった際に、迅速に資産を移動して購入することができるのです。

皆さんも是非、複数の取引所を使いこなせるようになってください。そうすれば、仮想通貨の取引がもっと楽しくなると思いますよ。

仮想通貨取引所についてまとめ

仮想通貨取引所についてまとめ
今回は、仮想通貨の取引所について、様々な観点から紹介してきました。

仮想通貨の世界はこれからもっと発達していくと考えられているので、取引所も同様に利用できる機能が増え、その種類数も増えていくことでしょう。

皆さんも是非、取引所の情報をチェックして、興味があったら口座開設してみるなど積極的に動いて頂ければと思います!

投稿日:

執筆者:謎のコインマン

Copyright© 【仮想通貨取引所】人気の銘柄やbitコインチャート速報~仮想通貨投資術~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.